「若年性脱毛症」の治療は早めに開始しましょう!

薄毛というのは決して年配男性特有のモノではなく、若い方でも薄毛になる方は多いです。
嫌な言い方をすれば、「若ハゲ」などと表現される方もいて、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

若い方の薄毛というのは、「若年性脱毛症」である可能性が高いです。
薄毛というのは遺伝すると言われていますが、特に母方の祖父が薄毛の場合には「若年性脱毛症」を疑った方がいいです。

「若年性脱毛症」というのは、10代や20代前半の方に起こるAGAの事で、ヘアサイクルの乱れが原因とされています。

ヘアサイクルの乱れは、男性ホルモンの一つである「DHT(ジヒドロテストステロン)」の分泌量が過剰になることが原因と言われています。
薄毛が遺伝するというのは、薄毛そのものではなく、このDHTが分泌しやすい体質が受け継がれるためとされています。

もし、「若年性脱毛症」ではないかと思ったら、まずは専門クリニックで医師に相談することをおすすめします。
適切な治療方法のアドバイスを貰えたり、場合によっては薬の処方をして貰えるかもしないです。

また、薄毛というのは、遺伝だけが原因ではなく、生活習慣や食生活の乱れも薄毛の原因になります。

例えば、
・脂の多い食生活
・睡眠不足
・ストレス
などが考えられます。

10代半ばにもなると友達同士の付き合いも増えて、外食の機会や友達関係での悩みも増え、夜遅くまでSNSをやっていたり、と生活習慣や食生活が乱れ始める時期でもあります。

こういったことも気を付ける方がいいです。

それに、20歳を過ぎるとタバコを吸い始める方もいますし、飲酒の機会も増えます。
それに、就職してよりストレスが増え始める時期でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です