クレジットカードの利用に当たって

クレジットカード

近年、クレジットカートの需要が増え続け、カードを利用してお買い物をできるお店も増えています。

クレジットカードを利用してお買い物すれば、面倒な現金でのやり取りが不要になり、お会計をスムーズに行うことができます。
その為、多くの方が利用されるようになりました。

クレジットカードを発行するには、まずクレジットカード会社にカード発行の申請を行います。
そこでカード会社により支払い能力などの審査が行われ、審査を通過すればクレジットカードの発行を行って貰えます。

発行が完了すれば、そのクレジットカードを利用して簡単にお買い物を出来るようになります。
クレジットカードの利用時には、サインや暗証番号の入力が必要になります。
ただ、最近ではカードの情報を専用の機械で読み取るだけで決済が簡単に終了する場合も多いです。

クレジットカードを利用してお買い物を行った場合、利用者はカード会社へ期日までに支払いを行わなければないりません。
そして、購入代金の支払いは、クレジットカード会社が毎月代行して行ってくれます。

支払い明細書が毎月カード会社から送られてきます。
場合によっては、WEB上から支払い明細を確認できるところもあります。
その支払い明細に関してはきちんと確認して、身に覚えのない引き落しが混ざっていないかをチェックして下さい。

クレジットカードに関わる犯罪は年々増加していて、その手口も多様化しています。
もし、身に覚えのない購入履歴が混ざっていれば、直ぐにクレジットカード会社に連絡して下さい。

クレジットカード会社も犯罪には常に気を配っています。

例えば、普段利用されている場所から遠く離れた場所で決済が行われた場合、カード会社から利用者宛てに連絡が行く場合もあります。
さらに、普段の月よりも大幅に利用額が増えた場合にも、カード会社から連絡が行くことがあります。
もし連絡が届いた場合、その支払いに身の覚えがない場合には、即座にカード会社に連絡して下さい。

また、クレジットカードを利用した際には必ず控えが発行されます。
それは必ず受け取って、手元に保管しておいて下さい。
快適なお買い物を楽しむためにも、クレジットカードを利用される際には注意するようにしましょう!