クレジットカードのブラックリストから名前を削除するには?

クレジットカード

ブラックリストとは、クレジットカードやキャッシングなどの支払いを長期間滞納した人のリストです。
クレジットカードのを使っている場合に、支払期日までに支払いを行わないと、
その滞納情報は個人の信用情報としてしばらく機期間残ることがあるので注意する必要があります。

支払いを忘れてしまって数日間遅滞したくらいでは、通常はブラックリストに載ることはありません。
ブラックリストに名前が載ってしまうのは、長期間に渡って滞納した場合などです。

一旦ブラックリストに名前が載ると、現在利用中のクレジットカードも使えなくなることが多いようです。
そうなると、また新規で作成しようとしても、審査に通らなくなります。

利用中のクレジットカードの利用を止められても、
軽い気持ちで「また新しいカードを作ればいいか!」などと考えていると大変なことになるので、気をつけて下さい!

ブラックリストに名前が載ってしまうと、どこのクレジットカード会社でも新規でカードを作ることはできません。
申請を行っても、審査を通過することは難しくなります。

もしブラックリストに名前が載ってしまった場合には、まずはこれ以上の問題を起こさないようにして下さい。
そうすれば、いずれはブラックリストから名前は消えますので、それからクレジットカードを作成するようにして下さい。

ブラックリストに名前が残る期間には制限が設けられています。
例えば、CICという信用情報機関の場合だと、名前が残るのは5年間です。
ブラックリストに名前が載ってしまっても、5年間、延滞や貸し倒れ等のトラブルが無ければ、名前は削除して貰えます。

キャッシングやローンなどの利用も情報が残るので、もしも何らかの理由で返済が難しくなった場合には、早めに対応を取って下さい。
もう支払いを続けるのが困難になってしまった場合には、債務整理などを行って、その届け出をする必要があります。

少しでも早くブラックリストから名前を削除したければ、問題が発生した場合には、早目早目の対応を取ることが重要です。

また、無理のある利用方法をしないということも大切です。
クレジットカードを利用する場合にば、確実に返していける金額までにして、計画的に利用することが一番重要です!