アフターピルは緊急時に用いられるピルとなっており、一般的には婦人科で処方となります。しかし近ごろでは個人輸入サイトを利用して事前にアフターピルを用意しお守り代わりに備えている女性も多いようです。こちらではアフターピルを通販する際の注意点などを説明していきます。

サプリと笑顔の女性

月経前症候群(PMS)とは

月経(生理)の前にいつもよりイライラしてしまったり、食欲が増してコントロールが効かなくなったり、なんとなくだるさを感じたり……不調に悩まされることはないでしょうか。
これはPMS(月経前症候群)と呼ばれる症状かもしれません。
PMSとは、月経(生理)の3~10日ほど前から起こるココロやカラダの不調のことで、月経がはじまると症状は徐々に治まりはじめます。

代表的なココロの不調として以下のようなものがあります。

  • なんとなく憂鬱な気分になり、悲観的に考えてしまう
  • 落ち着かず、いつもよりそわそわする、集中できない
  • 些細なことでイライラしていつもより怒りっぽくなる
  • 八つ当たりや、涙を流したりなど、普段制御できることに感情的になる

カラダの症状は以下のようなものがあります。

  • 乳房がはっている、痛みがある
  • 体のだるさがある、いつもより疲れやすい
  • 頭重感があり、ほてりを感じる
  • 制御できない眠気を感じる
  • 肌が荒れる、にきびができる
  • 下腹部がはる、痛む

これらの症状には、月経周期内の女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」分泌量が関わっていると考えられています。
生理周期内でこれらのホルモン量が変動すると、気持ちのコントロールや肌の調子、体のむくみやすさなど様々な影響が現れるのです。

多くの女性がPMSの症状を持っていますが、PMSという名前の認知度は低く、知らず悩まされ続ける人も多いようです。
初潮から閉経まで、月の3分の1を不調を感じながらの生活するのはとても大変なことです。

PMSのことを知り不調の原因を知ることで、無駄に自分を責めて涙を流したり頑張りすぎたりすることなくココロの安定にもつながります。
対処法を知ることで、もしかすると彼氏が力になってくれるかもしれません。
二人のいい関係のためにも、自分の症状やつらい期間を把握しておきましょう。

ピルを服用せずに月経前症候群(PMS)を改善しよう

自分がPMS(月経前症候群)かもしれない、そう気づいたときどうしたらよいのでしょうか。
PMSへの対処法としてピルがよく知られていますが、それ以外の方法でも症状を軽くすることは可能です。
そのためには、自分の身体をよりいたわり、ライフスタイルの改善が基本です。
ライフスタイルを整えることで、ピルを使わなくてもいつもよりデリケートな身体が不調になる原因を減らすことができます。

食事に気を付ける

今日の食事は明日の体を作るものです。
食事の内容や取り方に問題があると、デリケートな状態の体が辛くなる原因になってしまいます。

情緒不安定の原因となる血糖値の起伏を少なくするために、甘いものはなるべく控えましょう。
また、お米やパンなどの主食の前に食物繊維を多く含む野菜を食べるのも、糖の吸収が抑えられて効果的です。
神経を鎮めるため、お酒やカフェインも控えるのが理想です。

軽く運動をする

体がだるくて気分が落ち込む時期ですので、運動をするのは億劫になりがちです。
そんな時に無理をする必要はありませんが、もし動けそうならばぜひ体を動かしてみてください。
散歩などの軽い運動をすることで、身体が温まり血行が改善するとコリや腰痛の解消につながります。

ヨガやストレッチは体をほぐし、自律神経を整えるので気持ちの安定に効果ありです。
動画サイトなどでリラックス用ヨガなどを見ることもでき手軽に始められます。
また、外に出る気分になれないときも室内で手軽にできるのは嬉しいですね。

サプリメントを摂る

食事や運動と同時に医薬品によって改善を図ることもできます。
肌荒れ時にビタミンを補う、疲れのひどいときには滋養強壮剤を試してみるなどの他にも、PMSの症状改善に特化したものもあります。
ただし、医師の診療と処方箋、または薬剤師の指導が必要なものも多いためできるだけ専門家に相談してからが良いでしょう。

アロマテラピー

イライラや不安感をやわらげ、リラックス効果もあるアロマを試すのも良いでしょう。
クラリセージやネロリなどのオイルを一滴ハンカチに垂らして嗅ぐだけでも効果があります。
生活の中に取り入れやすいので試しやすいのもいいですね。

生活の中で自分をいたわることが症状の改善につながっていきます。
無理のない範囲でできることから試してみましょう。