アフターピルは緊急時に用いられるピルとなっており、一般的には婦人科で処方となります。しかし近ごろでは個人輸入サイトを利用して事前にアフターピルを用意しお守り代わりに備えている女性も多いようです。こちらではアフターピルを通販する際の注意点などを説明していきます。

サプリと笑顔の女性
  • ホーム
  • 人工妊娠中絶とアフターピルの体にかかる負担の違い

人工妊娠中絶とアフターピルの体にかかる負担の違い

避妊に失敗してしまったり、望まない妊娠をしてしまう恐れがある時に使用するのがアフターピルです。
それに対して妊娠していることが確定してから胎児を体外に出すのが人口妊娠中絶です。

このふたつの違いは受精卵が着床しているかしていないかです。
アフターピルを使用して効果があるとされている期間は性交後72時間以内です。
できる限り早いほうが効果が高く、時間の経過と共に効果が薄れていきます。
これは受精卵が着床してしまったらアフターピルではどうにもすることができないため、その前に作用を起こす必要があるからです。

アフターピルと違って人口妊娠中絶は着床した胎児を子宮壁から剥がして体外へ出します。
そのため人工妊娠中絶を行う時には手術が必要になります。

このふたつの違いは非常に大きく、中絶にはアフターピルを使用することでの副作用とは比べ物にならないほどのダメージがあります。
アフターピルを使用することでの副作用は女性ホルモンを体内に取り込んで強制的に生理を起こすことによるホルモンバランスの乱れです。
避妊のために使用するピルとは違い急激に作用を働かせるので、身体へのダメージがあります。
アフターピルの効果がしっかりと働き妊娠しないで済んだとしても、その後しばらくはホルモンバランスの乱れによる症状が起きることがあります。
副作用は吐き気や頭痛、めまい、倦怠感などがあります。

中絶は子宮内に着床している胎児を強制的に取り出す手術を行います。
必要な時には麻酔をして行いますが、子宮内に器具を入れたりして掻きだすので、麻酔が切れた後の痛みがあります。
そして着床している部分は胎児と母体で血管がつながっているので、それを無理やり剥がすことで剥がした後が傷になり、子宮内の傷からしばらく出血があります。
貧血がある人などは止血まで時間がかかり貧血が悪化してしまうこともあります。
また器具を使用する時に子宮内に雑菌が入って感染を起こしてしまうこともあります。
このように中絶は母体に非常に大きな負担をかけます。

人工妊娠中絶はいつまでなら行うことができるのか

中絶の方法は妊娠初期と中期で異なります。
妊娠してまだ胎児が大きくなっていない時には吸引法やそうは法という方法がとられます。
吸引法は子宮内の胎児を吸引で吸い取る方法です。
そうは法はスプーンのようなものを子宮内に入れて胎児を掻きだす方法です。
どちらも入院が必要になることがあります。
この手術はいつまで行えるかというとおよそ妊娠12週までです。

妊娠が進み胎児が大きくなると、人工的に陣痛を起こして胎児を出産させる方法で中絶手術を行います。
いつまで中絶手術が行えるのかというと妊娠21週6日です。
この時期を過ぎると中絶手術をすることはできません。
また妊娠12週以降の中絶手術では胎児の死亡届を出す義務があります。
死亡届だけでなく火葬をして埋葬もしなくてはいけません。
この時期になると法的には1人の人間として扱われます。

妊娠中期に入ってからの中絶手術の方法は、まず陣痛促進剤などを使用して陣痛を誘発します。
そして子宮口を広げる器具を入れて子宮口を開いていきます。
これは徐々に広げる必要があるので、陣痛を起こす前から1日ほどかけて少しずつ子宮口を広げていきます。
それから赤ちゃんを産む時のように分娩台にのります。
入院期間は1週間程度かかります。

中絶手術は妊娠21週6日までは行うことができるとは言っても、この時期になるとかなり胎児が大きくなってきており子宮内で母体とつながっている胎盤の大きさも大きくなっています。
ここまで成長した胎児を無理に体外に出すということは母体にとってかなりの負担になります。
身体的な負担だけでなく精神的な負担もかなり大きくなるでしょう。
退院した後でも完全に元通りになるには一定の期間が必要になってきます。