アフターピルは緊急時に用いられるピルとなっており、一般的には婦人科で処方となります。しかし近ごろでは個人輸入サイトを利用して事前にアフターピルを用意しお守り代わりに備えている女性も多いようです。こちらではアフターピルを通販する際の注意点などを説明していきます。

サプリと笑顔の女性
  • ホーム
  • タバコがもたらすピル服用者の体への影響

タバコがもたらすピル服用者の体への影響

生理痛の軽減や月経前症候群の軽減、避妊などの目的にために低用量ピルを服用しているという人は年齢を問わず多くいます。
低用量ピルを服用しているという場合には、いくつか注意しなければならないことがあります。
特に喫煙習慣があるという場合には、体に悪影響がある可能性があります。

実は、タバコとピルの相性は非常に悪いと言われています。
そのことを知らずにピルを服用している人でタバコを吸った場合、生死にかかわる問題が生じる可能性があります。
まず、年齢が35歳以上で1日15本以上吸うという場合には、禁煙をしない限りはピルを服用することが出来ないとなっています。

タバコを吸うと、それに含まれるニコチンが血管を収縮させます。
そして、ピルは血液を固めるという作用があります。
血行が悪くなっている状態で血液が固まった場合、血栓が出来るリスクが高まることになります。
年齢が高齢になると、加齢の影響により若い頃を比べると血流が悪くなる傾向にありますので、よりリスクが高まります。

血管内で固まった血液は、血液の流れを遮断するためその先にある細胞組織に酸素や栄養を運ぶことが出来ないために細胞が壊死してしまいます。
また、血管から剥がれた血栓は心臓や脳にある血管に詰まり、濃厚走狗や心筋梗塞を引き起こす原因となる可能性があります。

ある調査では、ピルを服用している人でタバコを吸っていない人の1年間に死亡するリスクを1であるとした場合、タバコを吸う習慣がある人の場合は167になるとされています。
さらに、高血圧症の人がピルを服用した場合、そうではない人に比べて3倍程、死亡リスクが高まるとも言われています。
そして、同じ条件でタバコを吸っていた場合には、死亡リスクが10倍、脳出血のリスクは3倍ほど増加するという結果が出ています。

自分ではタバコを吸わないけれど、周囲に喫煙習慣がある人がいるという場合、タバコの煙を無意識のうちに吸ってしまっている場合があります。
受動喫煙については、血栓が出来やすいという研究・調査結果はありませんが、危険な可能性はあります。

アイコスを吸っている人は低用量ピルを服用できるか

従来のタバコに変わって、人気を集めているのがアイコスなどの電子タバコです。
ピルを服用する時には、タバコを吸うことは禁止されていますが、アイコスなどの電子タバコについては、どうなのか気になっているという人も多いのでは無いでしょうか。

アイコスには、タバコに含まれているタールは含まれていませんが、ニコチンが含まれているものがあります。
タバコを吸っている人がピルを服用するのが危険な理由は、タバコに含まれるニコチンの作用が危険であるためです。
つまり、ニコチンが含まれているアイコスを吸うことも従来のタバコを吸う場合と同様に危険な行為であると言えるのです。

しかし、従来のタバコとは異なり、煙は水蒸気ですので、受動喫煙によるリスクは少なくなります。
その為、ピル服用者の周囲の人が従来のタバコからアイコスなどの電子タバコに替えることにより、受動喫煙によるリスクは大幅に少なくなると言えます。

アイコスに含まれているニコチンの量ですが、これは、正確な情報ではありませんが、0.5~1.0程度では無いかとされています。
実は、従来のタバコに含まれているニコチンとアイコスに含まれているニコチンの量に違いはありません。
アイコスが健康的であると言われるのは、発がん性があるとされているタールが含まれていないということにその理由があります。

つまり、ピルを服用している人も妊娠をしている人や授乳をしている人は従来のタバコであろうが、アイコスであろうが避けた方が良いという事になります。
アイコスは従来のタバコに比べると健康的であるというイメージを持つ人は少なくありませんが、リスクも有るということをしっかりと考える必要があるでしょう。